あなたのノイズ、わたしのミュージック。

自分が何にどう関心を示したかの記録。

2020/8/1 People In The Box "PITB acoustic 2020"(1部・2部) 感想

8/1、SHIBUYA PLEASURE PLEASUREにて行われた、
People In The Boxのワンマン公演"PITB acoustic 2020"の1部及び2部を観に行きました。


3月半ば以来となる、現地でのライヴ観賞でした……。
入場待機中に、スタッフさん達からドリンク代の用意をアナウンスされることにすら懐かしさを感じました。


安全が確保されているわけではない、
疫病の根絶にはまだまだ遠くある現在。
そんな渦中での開催ということで、数々の感染対策が講じられておりました。

今回の会場は小規模なホールであるため、
空調・換気の機構もライヴハウスと呼ばれる形態の会場よりは整ってはいるようでしたが、
それでも公演中に5分程度の換気休憩が設けられていたり。
ガイドラインを遵守したキャパシティの設定がされていたり
(原則ひと席飛ばしで観客を配置してありましたが、
配信カメラのための席の確保などもあり、より少なめに人を入れていたように思われました)。

観客には声を張り上げる行為の禁止、マスク着用、
入場時の消毒や非接触体温計による検温、接触や密集の回避などが要請され、
また運営の方々はフェイスシールドや手袋までを着用された上で、
観客の誘導や物販のやりとりなどに応じておられ、
1部で判明した入退場フローのわずかな不備を2部で解消し。
さらにはフライヤー(公演情報や物販情報について記されたチラシ)を介した感染を避けるためにその設置をせず、
入場列・グッズ販売列のそばに、フライヤーの情報を掲載したpdfを取得するためのQRコードが、
観賞する上での注意書きの張り紙の横に掲示されている……。

これまでにはなかった、これらいくつもの工程。
書き出しているだけでもどんよりくるので、
検討された会場やバンド運営の方々はなお苦心されたことでしょう……。



※以降、公演のネタバレがございます。
公演自体は昨日で終了しておりますが、8/3の22:00まではこの公演(2部)が、有料にて配信されています。
People In The Boxへの関心が高い方は、そちらを観てから本記事を読まれることをお勧めいたします。
キャパ5万(昼公演MCより)とのことですし、ぜひぜひ……。

続きを読む

2020/6/24の"Fiction / Maison book girl"

批評ではなく、その時々でその作品に寄せた関心事ばかりを記してゆく文章。


その発足から6年が経とうとしているグループ、Maison book girlのベストアルバム作品"Fiction"がリリースされました。

※以下は、サブスク等の配信にて(既に/これから)聴かれている方々を主な対象としてしたためました、なんとなく、
いや、できることなら今夜に、間に合って欲しいがために。

続きを読む

2020年5月のわたしのミュージック(Bandcamp編)。

自分が何にどう関心を示したかの記録。


突然ですが、今年5月にBandcampで私が購入した音楽の一部を紹介していきます。なるべく簡潔に……。

以下に、この記事を立てるに至った経緯をなんとなく示します。


音楽配信プラットフォームのBandcampが明日6/5に、現在COVID-19による損害を受けているであろう音楽配信者達(アーティストなりレーベルなり)へ、売上金の全額を還元するキャンペーンを行います。
こちらは3/20、5/1に行われたものと同様の取り組みです。また、7/3にも実施が予定されているとのことです。
公式の声明
daily.bandcamp.com
日本語で読める記事のひとつ
jp.techcrunch.com

こちらとは別に、6/19の売上金の全額をNAACP Legal Defense Fund(全米黒人地位向上協会内の法律事務所)の活動への寄付へと充てる、といった取り組みについても予告がなされました。
ちなみに、こちらの取り組みにつきましては、6/19のキャンペーンのみならず年間を通した寄付策も講じられているとのことです。
公式の声明
daily.bandcamp.com
日本語で読める記事のひとつ
fnmnl.tv

※いずれのキャンペーンについても言えることですが、
開催予定時刻にはPDT(米国太平洋標準時の夏時間)が適用されていることにご留意ください。
雑な認識ですが、日本から参加したい場合には同日の16時過ぎから動き始めれば大丈夫なはずです。


COVID-19にしても人種観の問題にしても、各々のうちには各々の思いがある(それには"考えたくない"も含まれる)ことかと思われます。
私にも、私自身が認識しているよりもきっと曖昧に形成された意識が私のうちにもあることを、私はまず認めます。


私は、私が私の混乱のなかで起こす、ひとまずの行動として、
先月Bandcampにて購入した音楽のいくつかを、ただただ無邪気に挙げ連ねてみることにしました。
誰かがいま求める何かへと届くものがもしあったなら、紹介して良かったと感じるのでしょうし、
そうでなかったのならば、そうでなかったというだけのことだと思う、いやそのようなことを思う間すら発生しないことでしょう。
(ことの本質を見つめていくプロセスに、このBandcampの取り組みがマッチしない方がいらっしゃるであろうことも、当然のこととしてわかっているつもりです)


なんにせよ、私が私の好きな音楽を紹介するだけのこのひとときに、しばしお付き合いいただけるのであれば、
それは少なくとも私にとって幸いなことに違いありません。


  • without / i-fls
  • [bootleg​]​colormal - 191117 (​@​Kyoto Club Metro) / colormal
  • The Blessing From Wiring / Shuta Hiraki
  • ある会員 / 波多野裕文
  • コンピレーション作品
    • CONTACT (TOKYO=COMMUNE)
    • Play For SCOOL (三鷹SCOOL)
続きを読む

30DaySongChallenge(2020/4/12-2020/5/11) Day22-Day30

きっかり30日で完走できたことに満足しきり、最終タームをまとめ忘れておりました。
よくある話です!!!



osouonna.hatenablog.jp


osouonna.hatenablog.jp

Q
osouonna.hatenablog.jp

今回はDay22からDay30まで。

続きを読む

30DaySongChallenge(2020/4/12-2020/5/11) Day15-Day21

5/9の日中を使って書くつもりだったのですが、唐突な爆睡の機運が巡ってきたために諦めました。


第1回
osouonna.hatenablog.jp

第2回
osouonna.hatenablog.jp

今回はDay15からDay21まで。

続きを読む

30DaySongChallenge(2020/4/12-2020/5/11) Day8-Day14

【これまでのあらすじ】

osouonna.hatenablog.jp

……。

今回はDay8からDay14まで。

続きを読む